情報窃盗 - Wikipedia
情報窃盗
この記事は​検証可能​な​参考文献や出典​が全く示されていないか、不十分です。​出典を追加​して記事の信頼性向上にご協力ください。
出典検索?"情報窃盗" – ニュース · 書籍 · スカラー · CiNii · J-STAGE · NDL · dlib.jp · ジャパンサーチ · TWL(2012年10月)
この記事は特に記述がない限り、日本国内の法令について解説しています。また最新の法令改正を反映していない場合があります。​ご自身が現実に遭遇した事件については法律関連の専門家にご相談ください。​免責事項​もお読みください。
情報窃盗​(じょうほうせっとう)とは、​携帯電話​や​パソコン​などの電子機器から、その機器の所有者の許可を得ずに中に記録されている電子データ(​電磁的記録​)を抜き取って持ち出すこと。広義では中に記録されている情報目当てに機器そのものを盗み出すことも含まれる。
日本における情報窃盗の法的問題
日本において電子的に記録された情報自体を盗む行為を処罰する刑法上の犯罪は存在しない。日本の​刑法​の​窃盗罪​(235条)は原則として​財物​を客体としており、情報は財物に含まれないためである(詳しくは​財物​及び​有体物​を参照のこと)。
したがって、情報そのものではなく情報が化体した文章​[1]​、テープ、フロッピー等といった媒体物を盗んだ場合に窃盗罪の成立を認めている。
現在は企業の営業機密に属する電子データの持ち出しに関して​2005年​に​不正競争防止法​が改正され罰則規定が追加された。この不正競争防止法では、不正の競争の目的で、営業秘密を不正に取得し、使用し、または開示する事が要件となっている。ただし、そもそも対象となるデータが「営業秘密」と認められるためには、当該データに対し適切なアクセス権限の設定や保護が行われていることが必要となっている。
実際の裁判では、この「営業秘密」の範囲や認定要件について争われることが多い。一例として​2014年​の​ベネッセ個人情報流出事件​では、弁護側は「(被告が持ちだしたとされる)個人情報は営業秘密には当たらない」として無罪を主張した(ただ一審ではその主張は却下されている)​[2]​
脚注
[脚注の使い方]
  1. ^ 東京地判昭和40年6月26日下刑集7.6.1319
  2. ^ ベネッセ流出、元SE実刑 大量の顧客情報被害 - 産経ニュース・2016年3月29日
関連項目
デジタル万引き
この項目は、​法​分野に関連した​書きかけの項目​です。​この項目を加筆・訂正​などしてくださる​協力者を求めています​(​P:法学​/​PJ法学​)。
この項目は、​社会問題​に関連した​書きかけの項目​です。​この項目を加筆・訂正​などしてくださる​協力者を求めています​
最終更新: 2020年7月22日 (水) 14:20
コンテンツは、特に記載されていない限り、​CC BY-SA 3.0のもとで利用可能です。
プライバシー・ポリシー
利用規約
デスクトップ
ホームおまかせ表示付近ログイン設定寄付ウィキペディアについて免責事項
言語ウォッチリストに追加編集