ja.m.wikipedia.org
Help:ウェイバックマシンの利用
この文書は手引き書です​。ウィキペディア日本語版での活動の参考にされていますが、​方針やガイドライン​ではありません。
ウェイバックマシン​は記事に用いたウェブページの複製をアーカイブすることができるサービスである。ウェブページが変更・移動・削除などされたときに役立ち元の内容への参照が維持される。保存処理は​利用者:InternetArchiveBot​のためのウェブ・インターフェースを利用して自動で行われる。
編集者は、それぞれの引用箇所においてアーカイブへのリンクを記述することが望ましい。もしくは、それぞれの引用箇所が作成・更新されたときに、少なくとも参照のURLをアーカイブすること。新たにウィキペディアのページに追加されたURLは、他のページで使われていない場合、ボットによって自動でアーカイブされる。
https://web.archive.org のウェブフォームを開き、任意のURLを"ウェイバックマシン"の検索窓に入力し、​BROWSE HISTORY​を選択すると、次の画面は:
{{cite web​}}や同様のテンプレートで利用するときのコードを簡単に示す:
<ref>{{cite ... <!--EXISTING REFERENCE--> |​archive​-​url​=​https​://​web​.​archive​.​org​/​web​/<​date​>/​http​://​www​.​originalurl​.​com |archive-date=<date> |​url​-​status​=​dead​}}​</ref>

URLのフォーマット
たいていの場合ウェイバックマシンへのリンクは、先頭が​https://web.archive.org/web/​であり、引き続いてアスタリスク一つ又は14桁で表された日時があり、そしてスラッシュ一つ、最後に任意のウェブページの​URL​となる。
最初の保存要求
以下の例はウィキペディアのメインページの保存を要求するものである。このような保存要求は通常、要求されたページの全てのアーカイブへとリンクしているカレンダーを返す。
https://web.archive.org/​web​/​*​/http://en.wikipedia.org/
上記のURLフォーマットを用いて、リクエストしたページがどの程度アーカイブされているかを知ることができる。強調表示された日付をクリックすると、その特定のアーカイブを選択することができる。
日付符号を14桁より少なくして末尾に*を続けることで、リクエストの範囲を狭めることができる。(以下の例は、2005年12月のスナップショットのみを表示する)
https://web.archive.org/​web​/​200512*​/http://www.wikipedia.org/
もし目的のウェブページが未だアーカイブされていないとき、​Save this url in the Wayback Machine​を利用者に提案するリンクを伴うボックスがページ下部にあらわれる。
https://web.archive.org/​save​/http://www.wikipedia.org/
上記のURLでは、まずリクエストされたウェブ・ページの現在の状態が表示され、そしてアーカイブを試みる保存処理が始まる。もし成功すると、処理の終了と同時にアーカイブが利用可能になる。
ページによっては、ウェイバックマシンがエラーメッセージを返し、要求されたページがアーカイブ不可能な理由が表示されることがある。そのような場合は、​WebCite​のような他のアーカイブサイトを使用すること。
それぞれのアーカイブ
目的のウェブページがアーカイブされると、それぞれの日時のアーカイブは下に示されるフォーマットによって個別に閲覧要求をすることができる。
次の例は、​UTC​タイムゾーンで2002年9月30日午後12:35:25時点における、ウィキペディアのトップページのアーカイブへのリンクである。
https://web.archive.org/​web​/​20020930123525​/http://www.wikipedia.org/
上のフォーマットを用いることで、それぞれのアーカイブに直接リンクすることができる。
日時の直後にアスタリスクを追記することや、日時の代わりにアスタリスクを記入することで、簡単に全てのアーカイブをカレンダー表示することができる。
下記のフラグを日時の欄に記入することでアーカイブの表示形式を変更することができる​[1]​[2]​:
ページの画像がアーカイブされた状況によっては、ページの描画が安定しない場合がある。したがって、ウィキペディアに記述する前にフラグによる結果を確認することが推奨される。日時のフォーマットは​YYYYMMDDhhmmss​であり、その直後に上記のフラグが配置される。
ナビゲーション・ツールバーを取り除く
通常アーカイブされたウェブページを表示するとき、アーカイブされたときの見た目にできるだけ近づけるために、ウェイバックマシンはCSSや画像の参照など内部のコードの一部を書き換える。基本的にはナビゲーションツールバーも追加される。このツールバーは、ページそのもののアーカイブとしては望ましくない。
id_​で表現される"identity"フラグは、以前はツールバーを含まず、アーカイブされたときと​寸分違わない​ページを返すように設定されていた。しかし残念なことに、CSSや画像の参照がアーカイブのものへと修正されないため、多くのページはこのフラグを用いると不十分な描写になってしまう。
より良い方法は​if_​'"iframe"'フラグである。これは参照を修正し、かつツールバーを除外するため、可能な限りオリジナルのウェブページと同様に描画される。
たとえば、以下のものは​id_​identityフラグのアーカイブである。これはウェイバックマシンへの標準のリンクであり、ナビゲーションツールバーを伴う。
https://web.archive.org/web/20130806040521/http://faq.web.archive.org/page-without-wayback-code/
以下のものはアーカイブされた同じページのうち、​id_ identityフラグが付与されたものである。ツールバーを含まないが、参照が壊れているためうまく描画されない。
https://web.archive.org/web/20130806040521​id_​/http://faq.web.archive.org/page-without-wayback-code/
最後に、以下のものが同じページで​if_ iframeフラグを用いたものである。ツールバーを含まず、完璧に描画される。
https://web.archive.org/web/20130806040521​if_​/http://faq.web.archive.org/page-without-wayback-code/
アーカイブへのリンクには、オリジナルのウェブページの最も忠実な再現となる​if_​iframeフラグを利用すること!
最新のアーカイブ
次のリンク例は、最新のアーカイブへのリンクである。
https://web.archive.org/​web​/http://www.wikipedia.org/
上記のフォーマットは推奨されない。このリクエストは、最新のアーカイブはを示す14桁のタイムスタンプを含む長いURLにリダイレクトされてしまい、特定のバージョンへの直接的なリンクという目的が達成できない。
同じように、​1000​を記入することで最も古いアーカイブにリンクされる。
https://web.archive.org/​web/1000​/http://www.wikipedia.org/
参考:​高度なURL指定のヒント – Internet Archive
制約
2013年より以前は、アーカイブが利用可能になるためには数週間から数ヶ月程度かかっていた。現在では、ウェブページのアーカイブの要求はすぐに実行され、結果は数分で利用可能になる。
2017年4月以前は、​[3]​インターネット・アーカイブは​Robots Exclusion Standard​を尊重していた。アクセスを許可しないサイトをアーカイブせず、過去のバージョンへのアクセスも取り除いている。
たとえば、The New York Timesは、以前は https://www.nytimes.com/robots.txt において以下のような robots.txt を提示していた:
User-agent: * Disallow: /aponline/ Disallow: /archives/ Disallow: /reuters/
したがって、The New York Times​のウェブサイトにおいてそれらのフォルダ内にあるURLへのリクエストは拒否される。
JavaScript ブックマークレット
ブックマークレット​とは、JavaScriptを用いて特定の動作をする、ブックマークのようなブラウザに存在するボタンである。
リンク切れしたページを閲覧する
リンク切れ​であるウェブページにおり​ウェイバックマシン​に保存されているアーカイブにアクセスするためにブックマークレットを利用する場合、以下のコードをコピーしてブラウザのブックマークツールバーに入力し、その後​ウェイバック​など適当な名前をつけること(たとえば Wayback)
javascript​:​void​(​window​.​open​(​'https://web.archive.org/web/*/'​+​location​.​href​.​replace​(​/\/$/​, '')));
そして、リンク切れしたページにいるときに、ブックマークレットをクリックすることでウェイバックマシンにおける当該ページのアーカイブに自動で転送される。
直前のコードは全てのユーザ環境において動作するわけではない。その場合は以下のブックマークレットを試すこと:
javascript​:​location​.​href​=​'https://web.archive.org/web/*/'​+​document​.​location​.​href​.​replace​(​/\/$/​, '');
開いているページを保存する
訪れているページを任意にアーカイブ可能にするブックマークレットは、ブラウザのツールバーに以下のコードを保存し、​ウェイバック・保存​のような名前をつけるとよい(たとえば Wayback Save):
javascript​:​void​(​window​.​open​(​'https://web.archive.org/save/'​+​location​.​href​));
ブラウザのアドオンやアプリ
インターネットアーカイブはブラウザアドオンを提供しており、開いているページに関してウェイバック・マシーンへの簡単なアクセスを可能にし、ウェイバック・マシーンにページのコピーを保存する機能もある。現在のバージョンのアドオンは​Google ChromeMozilla Firefox​、​Safari​において利用可能である。
さらに、​iOS​や​Android​のアプリなどもモバイルデバイスで利用可能である。
ウェブアーカイブのテンプレートを利用する
{{​webarchive​}}​はウェイバックマシンや他のアーカイブサービスにごく簡単なリンクを貼る方法である。著者や日付などの書誌情報を含まないため一般的に引用としては使われないが、それ以外のリンクとしてならば便利である。​|url=​、​|title=​、​|date=​などのパラメーターを用いて、URL、タイトル、アーカイブ日時を指定する。たとえば:
{{webarchive |url=https://web.archive.org/web/20010727112808/http://www.wikipedia.org/ |date=July 27, 2001 |title=Wikipedia }}
Wikipedia at the Wayback Machine (archived July 27, 2001)
日時を含まない場合:
{{webarchive |url=https://web.archive.org/web/*/http://www.wikipedia.org/ |date=* |title=Wikipedia }}
Wikipedia at the Wayback Machine (archive index)
追加のオプションは{{​webarchive​}}の文書を参照のこと
サイト・テンプレートを用いる
{{​citation​}}​とすべての​出典表記形式1​テンプレートでは​|archive-url=​パラメータを利用できる(​|archive-date=​も必要になる)。その他の引用テンプレートでも​|archive-url=​を利用できる、それぞれの説明を参照のこと。
その他
Help:Archiving a source英語版
説明
ツール
参照
  1. ^Wayback Administrator Manual”. Internet Archive. Template:Cite web​の呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  2. ^How can I view a page without the Wayback code in it?”. Internet Archive. Template:Cite web​の呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  3. ^ “Internet Archive will ignore robots.txt files to keep historical record accurate” (英語). Digital Trends. (2017年4月24日) 2018年5月20日閲覧。
最終更新: 2021年8月31日 (火) 04:13
コンテンツは、特に記載されていない限り、​CC BY-SA 3.0のもとで利用可能です。
プライバシー・ポリシー
利用規約
デスクトップ
 ホーム おまかせ表示  付近  ログイン  設定  寄付  ウィキペディアについて  免責事項
言語ウォッチリストに追加編集