I.N.A
I.N.A​(いな、​1964年​12月12日 - )は、日本の​音楽プロデューサー​、​作曲家​、​アレンジャー​、​プログラマー​、​レコーディング・エンジニア​、​ミュージシャン​、​マニピュレーター​、​DJ​。本名は稲田和彦(いなだ かずひこ)。
I.N.A
出生名稲田 和彦
別名I.N.A.[1]
I.N.A
INA[2]
イナ
稲田
DJ-INA
生誕1964年12月12日(56歳)
出身地
ジャンルJ-POP
職業作曲家編曲家
音楽プロデューサー
マニピュレーター
DJ
担当楽器キーボード​、​シンセサイザー
ギターベース
パーカッション
活動期間1991年 -
公式サイトINA OFFICIAL WEB SITE
概略
1980年代後半、シンセサイザープログラマーとしてプロデビュー。ジャンルの壁を超えた数々のスタジオワークスを経て1991年『X』の "Violence In Jealousy tour"にマニピュレーターとして参加。
X JAPANのマニピュレーター、レコーディングエンジニアを務めるかたわら、X JAPANギタリスト​HIDE​のソロのツアーメンバー「​hide with Spread Beaver​」の一員として、またhideの全ての楽曲の共同プロデューサーとして活動。hideのライブでは​パーカッション​とマニピュレーターを担当。
また、​zilch​への参加、HIDEの死後には​HEATH​、​PATA​と​Dope HEADz​を結成。音楽プロデュースをメインに、アレンジ、リミックス、​DJ​など幅広い活動をおこなっている。
X JAPAN、HIDE、hideとの関係
1991年からX JAPANと活動を共にし、再結成後もマニピュレーターとして参加している。Xのメンバーの中でも、特にhideとは音楽に対する考え方や思い、日本・世界の音楽業界に対する認識などで共通する所が多く、「hide」の音楽を一緒に作る事によりとても深い関係にあった。
hideのツアーメンバーでもあるINAだが、元々はXのレコーディングに参加していたスタッフであった。 その後、hideがソロ活動を始めた際に全面的に参加するなどhideの音楽にとても深く関わっていく事になる。 ツアーでも本来は俗に言う「裏方」であった筈だが、hideが無理矢理舞台に引っ張り出したという話である。
しかし、単なる制作スタッフやメンバーという存在にとどまらず、hideには欠かせない存在であった。 hideは自宅に一通りの機材を揃えてデモテープを自宅で製作していたが、この作業は常にINAと二人で行っていた。 「hide」というミュージシャンを、松本秀人(≠hide)とINAの二人でプロデュースしているという感覚であったらしい。
2014年、ヤマハが新開発したVOCALOID技術とINAのプロデュースワークを融合させたhideの奇跡の新曲『子 ギャル』を制作。故人の歌声を合成音声によって再現するという 、前例のないスタイルで制作された。
参加ユニット
ディスコグラフィ
プロデュース
2018年 hide TRIBUTE IMPULSE 『HURRY GO ROUND (hide vocal Take2)』(共同プロデュース・プログラミング)
楽曲提供
1998年 内田有紀ハートブレイク スナイパー』 (「ハートブレイクスナイパー」「エルミタージュの砂漠」プロデュース・作曲・編曲・プログラミング)
アレンジ、リミックス
レコーディング参加
書籍
脚注
[脚注の使い方]
  1. ^ hide​関連の作業で使用。
  2. ^ プロデュース、アレンジなどの活動で使用。
外部リンク
最終更新: 2021年8月26日 (木) 10:39
コンテンツは、特に記載されていない限り、​CC BY-SA 3.0のもとで利用可能です。
プライバシー・ポリシー
利用規約
デスクトップ
 ホーム おまかせ表示  付近  ログイン  設定  寄付  ウィキペディアについて  免責事項
言語ウォッチリストに追加編集