ja.m.wikipedia.org
サイフ・アル=イスラーム・ムアンマル・アル=カッザーフィー
この​存命人物の記事​には、​出典​が​全くありません​。​信頼できる情報源​の提供に、ご協力をお願いします。存命人物に関する出典の無い、もしくは​不完全な情報​に基づいた論争の材料、特に潜在的に​中傷・誹謗・名誉毀損​あるいは有害となるものは​すぐに除去する必要があります​
出典検索?"サイフ・アル=イスラーム・ムアンマル・アル=カッザーフィー" – ニュース · 書籍 ·スカラー · CiNii · J-STAGE · NDL · dlib.jp · ジャパンサーチ · TWL(2020年9月)
この記事は​英語版Wikipediaの​対応するページ​を翻訳することにより充実させることができます。​(​2020年9月​)
翻訳前に重要な指示を読むには右にある[表示]をクリックしてください。 
サイフ・アル・イスラム・ムアンマル・アル=カッザーフィーアラビア語: سيف الإسلام معمر القذافي‎  ; 英語:Saif al-Islam Muammar Gaddafi 1972年6月25日生まれ)はリビアの政治家・​慈善団体​(カッザーフィー開発基金)代表で、​リビア​の最高指導者だったムアンマル・アル=カッザフィー(​カダフィ大佐​)の次男​[2]​。日本では​セイフ・イスラム​(​セイフル・イスラム​)氏などと呼ばれる事も多い。母親はカダフィ大佐の二番目の妻サフィアファルカーシュ。彼は父親の体制を支える有力幹部の一人であり、カダフィ大佐に代わって広報と外交の役割を果たした。カダフィ政権下では事実上の№2であり​[3]​、後継者候補と目されていた。イギリスへの留学経験があり、カダフィ政権下では独裁の緩和や経済の自由化、欧米との関係改善に前向きだったが​[4]​、​2011年リビア内戦​では反体制派の鎮圧を支持し​[5]​、 2011年6月27日には国際刑事裁判所(ICC)により、「リビア国民に対する人道に対する罪」で逮捕状が発行された。
サイフ・アル=イスラーム・ムアンマル・アル=カッザーフィー

Muammar Gaddafi in 1976 with his son Saif al-Islam on his lap
個人情報
生誕Saif al-Islam Muammar Gaddafi
سيف الإسلام معمر القذافي
1972年6月25日(48歳)
Tripoli, Libya
政党Popular Front for the Liberation of Libya
出身校Al Fateh University
Imadec
London School of Economics[1]
専業Engineer
公式サイトGaddafi International Charity and Development Foundation
兵役経験
所属組織
Libyan Arab Jamahiriya
部門Libyan Army
軍歴2011
戦闘2011 Libyan civil war
カダフィ政権崩壊直前には、国民評議会軍がトリポリに入城する中、外国人記者団の前に姿を現し、政権の健在ぶりをアピールしたが、トリポリ陥落と共に撤退した。その後は​サブハ​・​バニワリド​と残る拠点が陥落し、カダフィ派の最後の拠点​スルト​が陥落し、カダフィ大佐が殺害された後も逃走を続けたが、2011年11月19日、リビア南部でジンタンの民兵に捕獲され、飛行機で飛行機でジンタンへと護送された​[6]​
2015年7月28日に、トリポリの裁判所に内戦中に犯した罪で死刑を宣告されたが、身柄はジンタンの事実上の独立した当局の管理下にあった。ジンタンの勢力はセイフ・イスラムに対し比較的寛大で、リビア情勢が悪化し​2014年リビア内戦 が本格化すると、彼はジンタンの刑務所から釈放された。後に、彼の完全な恩赦は、​ハリファ・ハフタル​が率いる​トブルク​を本拠とする政府によって宣言された。 2018年には、大統領選挙への出馬も囁かれたが、内戦の激化でリビア自体が統一国家として機能していないこともあり実現はしていない。
なお、​2005年​4月には​愛知万博​視察のために来日し、その際に日本の​TBSテレビ​のインタビューを受けたことがある。また、愛知万博においてリビアをフレンドシップ国として交流していた​田原市​も訪れ、​渡辺崋山​の絵を寄贈している。
教育とキャリア
国際外交
リビア内戦
2021大統領選挙
私生活
ロンドン経済学部とのリンク
脚注
  1. ^ Thomas, Landon (2010年2月28日). “Unknotting Father's Reins in Hope of 'Reinventing' Libya”. New York Times
  2. ^ “Inside Gaddafi's inner circle”. Al Jazeera. (2011年2月27日) 2011年6月20日閲覧。
  3. ^ McLean, Alan; Shane, Scott; Tse, Archie (2010年11月28日). “A Selection From the Cache of Diplomatic Dispatches”. New York Times
  4. ^The Politics of Blackmail”. Newsweek (2008年9月13日). 2008年8月9日閲覧。
  5. ^ Black, Ian; Smith, David (2011年6月27日). “War crimes court issues Gaddafi arrest warrant”. The Guardian
  6. ^ “Gaddafi's son: Libya like McDonald's for NATO – fast war as fast food”. Russia Today. (2011年7月1日) 2011年10月25日​閲覧。
外部リンク
ウィキメディア・コモンズには、​サイフ・アル=イスラーム・ムアンマル・アル=カッザーフィー​に関するカテゴリがあります。
最終更新: 2021年3月15日 (月) 17:37
コンテンツは、特に記載されていない限り、​CC BY-SA 3.0のもとで利用可能です。
プライバシー・ポリシー
利用規約
デスクトップ
ホームおまかせ表示付近ログイン設定寄付ウィキペディアについて免責事項
言語ウォッチリストに追加編集