Britannica Japan

これまでの主な記事から
2002年度版『ブリタニカ国際年鑑』「特別レポート」
狂牛病 日本に上陸
中村靖彦(明治大学客員教授)
1986年にイギリスで初の発症例が報告されたウシ海綿状脳症(BSE)。一般に狂牛病と呼ばれるこの牛の病気は、その後ヨーロッパ諸国(2000~)、日本(2001)、さらには北アメリカ(2003)へと感染範囲を広げている。狂牛病発生の経緯をたどる。
1997年版『ブリタニカ国際年鑑』「特別リポート」
アトランタ・オリンピック
メリンダ・C.シェパード(『エンサイクロペディア・ブリタニカ・イヤーブック』副編集長
1996年に行なわれたアトランタ・オリンピックは近代オリンピック100周年にあたる記念大会であり、IOC加盟のすべての国と地域がもれなく参加した画期的な大会だった。しかし、回を追うごとに膨れ上がる運営資金やあとを絶たないドーピング問題など課題は山積している。
1999年版『ブリタニカ国際年鑑』「サイドバー」
タミル・イーラム解放のトラ
クロード・ラキシッツ(国際問題コンサルタント)
スリランカ北東部に居住する少数民族タミル人の独立国家「イーラム国」の建設を求め、過激な武力闘争を繰り広げる「タミル・イーラム解放のトラ」。1972年の結成以来政府との停戦、決裂を繰り返しながら、その活動は無差別テロなどへとエスカレートしている。


ブリタニカ国際年鑑について
『ブリタニカ国際年鑑』の構成と特色。

2004年版ブリタニカ国際年鑑
『ブリタニカ国際年鑑』の最新版、2004年版の内容紹介。

創刊号からの特集記事、執筆陣
1975年版からこれまでに掲載された特集記事の全タイトル。
執筆陣には、各国元首や各界の第一人者が名を連ねる。

お問い合わせ
『ブリタニカ国際年鑑』の内容、購読申し込み、その他お問い合わせは、こちらから。



Copyright 2000-2004 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.